パデルとは?

3大陸24ヵ国に拡がり、世界中でブームが起こりつつあるスポーツ

パデルは3大陸24ヵ国にパデル連盟が存在します。
世界中でブームが起こりつつあるラケット競技です。
ヨーロッパ(スペイン、フランス、イタリア、ポルトガル、イギリス、ドイツなど)、アメリカ(アルゼンチン、ブラジル、メキシコ、アメリカ、カナダなど等)、オセアニア(オーストラリアなど)などで楽しまれており、また、1991年からパデル国際連盟を設立されました。

特に、スペインをはじめアルゼンチンでは、急激に競技者人口とコート数を増やしています。スペイン国内のパデル人口は、2004年の76万人から2010年までに199万人を記録し、2018年には300万人を超すと予測されています。この間、それまで長くメジャースポーツとして支持され続けたスペインのテニス人口は、2000年から2010年にかけ半分へと減少しました(スペインの人口は約4600万人)。
現在、ヨーロッパやアメリカなどの各国でも同様にパデルブームが起きようとしています。


パデルとは?

パデルは、テニスとスカッシュを合わせたようなラケット競技です。
2人対2人のダブルスのみでプレイし、コートのサイズは長方形の20×10メートルで、テニスコートの半分くらいです。
ポイントの数え方はテニスと同じで、周囲は強化ガラスと金網により仕切られ、プレイ中はそれらを活用します。
パデルラケットはテニスラケットと比べ、サイズが小さくまた素材も違います。テニスボールと比べ、色や形は似ていますが、パデルボールはテニスボールより空気圧が低く反発力が小さくなります。


パデルのルール

  • パデルは2人対2人のダブルスのみでプレイ
  • ポイン卜の数え方や試合進行はテニスと同じ
  • 1バウンドまたはノーバウンドで返球可能
  • 強化ガラスや金網にリバウンドしたボールも返球可能
  • 1試合3セットの2セット先取

サーブ

パデルではテニスと同様、ペアの1人がサーブを打つことでゲームが始まり、2回までサーブができます。

1)サーブの仕方は以下の通りです。

a)サーバーはサービスラインの後方から、ボールを一度バウンドさせてからアンダーハンドで対角側のサービスコートに入れます。
b)サーブの際、サーバーの足がサービスラインやセンターのサービスラインの仮想延長線を踏まないようにします。
c)サーブの時、プレーヤーの片方の足が地面についていなければなりません。
d)インパクトの時、打点の高さが腰の高さ以上になると、フォルトになります。

2)サーブがネットを越え、相手のサービスボックスでワンバウンドした後、レシーバーは打ち返すことができます。

3)サーバーはレシーバーがボールを受ける準備が整ってから、サーブに入ります。

サーブフォルト(サーブ失敗)

1)相手のサービスボックスにサーブが入らなかった場合。

サーブフォルト(サーブ失敗)

2)相手のサービスボックスにサーブが入るが、1バウンドしたボールがフェンス(金網)に当たった場合。

サーブフォルト(サーブ失敗)

サービスレット(サーブのやり直し)

サーブの際、ボールがネットにタッチした場合

1)ボールがネットやポストに当たった後に、相手コートのサービスボックスに入り、2バウンドしたあとにボールがフェンスに当たってもサービスはレットとなり、再度サーブをやり直すことができます。

2)ボールがネットに触れた後、相手のサービスボックスにネットインしない場合、サーブはフォルトになります。 テニスと同様、ファーストサーブとセカンドサーブがあり、1回目のサーブでレットであれば、もう一度ファーストサーブから打つことができます。

サービスレット(サーブのやり直し)

失点するシチュエーション

1)打ったボールがネットにかかり、相手コートに入らない場合

失点するシチュエーション

2)ボールを打ち返す際、1バウンド以上した場合(ただしノーバウンドは可)

3)打ったボールが相手コートのガラスもしくは金網にノーバウンドで当たった場合

失点するシチュエーション

失点するシチュエーション

パデルの特殊ルール

1)コートに入ったボールが1バウンドし、ガラスまたは金網にリバウンドした際、ボールが空中に浮いてる間は相手コートに打ち返すことが可能

パデルの特殊ルール
パデルの特殊ルール
パデルの特殊ルール

2)壁を利用し、相手コートに打ち返すことが可能

パデルの特殊ルール

パデルの特殊ルール